Life is Beautiful~Yukari'diary

自分の本質と向き合い自分らしく生きることをモットーに、子育てママの気づき、感じたことを綴っています。

第二巻の始まり〜CANDO

| 0 comments

といっても、まだまだ私の心に余波があります。
こうして想いを出すことで和らいでいくのでしょうか。

昨日の卒業式。カンドウらしい卒業式でした。
一人一人が感謝状を読み上げ、それを合わせることで一枚の画となります。







メンバー一人ひとりの心の中にしっかりとカンドウDNAが刻まれていたメッセージ。
ボスを慕う気持ち。慕うを通り越し、これこそ人を本気で愛するということだ思う。(誤解なきよう人間愛です笑)
自らの成長のために与えてもらったことへの感謝、相手を想い自分は何ができるかを考え実践してきた日々。見守ってくれ、包み込んでくれたことへの感謝…
自分の利益よりも他を思い遣る気持ちで溢れている。
互いがしっかり向き合い織りなしてきた時間と経験は、一人ひとりの中でかけがえのない財産となっています。
そんな風に育てられ、愛の塊のようなカンドウDNAは、いつの間にかメンバー一人ひとりの中に宿り、仕事の中にも見え隠れしています。

相手のことを勝手に想い、考え実践していく力。一人の力では不可能に思えることでさえも、チームが一丸となり、ブレーンさんを巻き込みクライアントさんと一緒になって、可能にしてきました。
でも、まだまだカンドウDNAは、見え隠れする程度です。

これからは、私たちが私たちの手で、育てていかなくていけない。
もっともっと自分たちの可能性を信じ、深く根付かせていこう。
もっともっと一体となって、研ぎ澄ましていこう。
それが、最大の私たちの力であり、社会に向けて貢献できることだから。
私たちのプライド(誇り)だから。

不可能を可能にし実現していくには、素晴らしい知恵や技術だけでは成し得ない。
そこに愛が合わさってこそ、初めて人に伝わり心を動かし無限のパワーとなっていくと信じてる。

今朝新生カンドウのミーティングの場で、新社長である小田さんの挨拶がありました。
私は出張のため、ほんの少ししかいられなかったけど、何年も断りようやく決心した決意と共に、ここに書き連ねた同じような想いつまったメッセージで始まった朝です。

泣きたいだけ泣きました。でもまだ、涙は出るでしょう。
それは、本気で生きてきた証であり、私は実はとっても弱い人間です。
でも、どんな苦しい時もメンバーの前で笑ってくれてたボスのように、
今日も笑っていこう。
これから新たに出逢うであろう、多くの笑顔目指して。
みんなで力を合わせて。

He is our BOSS,forever.
We love BOSS,We love CANDO,forever.

コメントを残す

Required fields are marked *.


*